もう少し早い時期に出会いたい

9月に開業してから、がん末期患者さんと二人、出会いました。

ひとりは、今年8月に肺がんの症状があり、受診し検査したら肺がん末期状態で根治的治療の対象ではないという方でした。ご本人がとてもショックを受けられたのではないかと想像します。訪問看護とつながったのは、9月初旬。子供たちが在宅看取りを決心し退院になりました。初回は夜間帯で往診同行も兼ねました。

訪問前も訪問時も鼻から血が出るほど吸引されていて、電気がこうこうとついていて、これから眠るという状況ではありませんでした。電気を消して眠る準備をととのえ、ご本人に呼吸が楽な姿勢をうかがい、その姿勢のまま衣服の上から手のひらを密着させてゆっくりと優しく背中をなぜました。

「あー、気持ちいい」そう一言おっしゃいました。

暖かい手の温度とf分の1の揺らぎと言われるゆっくりとしたマッサージは、副交感神経を優位にします。

その5時間後、お亡くなりになりました。

ご家族は、もっと早く家に連れて帰ればよかったとおっしゃいました。車いすも借りてあり、俺が乗ってもしかたないかと言いながら・・・

もうひとりは、膵臓がん末期の方で、依頼があったので準備していました。しかし、症状コントロールがついていない状況だったようで、緊急で受診し入院。腹水を4L抜いた後、状態が不安定になり、まもなくお亡くなりになりました。

訪問看護は、がんの患者さんが外来で治療を受けているお元気な時期から利用できます。がん患者さんの痛みには、身体面・精神面・社会面・スピリチュアル面の痛みがあると言われています。看護師は、これらをアセスメントしながら、医師と連携して痛み止めの管理をしたり、非薬物療法としてのケアを提供します。早めにつながることができれば、在宅療養を安心して安全に過ごすための調整を他の職種と支援することができます。

がん患者さんともっと早い時期につながることができればと願います。

投稿者: 株式会社瑠璃の邑

株式会社設立年月日:2021年6月18日 訪問看護ステーションポポハート開業日:2021年9月1日 あらゆる年代の個人、家族、集団、地域社会を対象とし、健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和を行い、生涯をとおして最期まで、その人らしく生を全うできるように援助を行うことを目的に事業を展開します。 <設立目的> 1.介護保険法に基づく居宅介護サービス事業 2.介護保険法に基づく介護予防サービス事業 3.介護予防サービス事業 4.介護保険法に基づく地域密着型サービス事業 5.介護保険法に基づく地域密着型予防サービス事業 6.介護保険法に基づく居宅介護支援事業 7.障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業 8.障害者総合支援法に基づく地域生活支援事業 9.障害者総合支援法に基づく一般相談事業及び特定相談事業 10.児童福祉法に基づく障害児通所事業 11.児童福祉法に基づく障害児相談支援事業 12.看護・介護用具の開発・販売・賃貸 13.医療機器の開発・販売・賃貸 14.在宅ケアに関する指導、調査、研究、教育、コンサルタント 15.在宅ケア事業の起業・運営に関する支援、啓発、啓蒙活動 16.企業・行政健診後の慢性疾患に対するヘルスケア事業 17.セミナー、講演会、イベント等のコンテンツ開発、企画、運営、開催 18.看護人材交流ネットの企画、運営、開催 19.各種映像、デジタルコンテンツ等の企画、制作、配信 20.出版物、印刷物の企画、制作 21.福祉サービス第三者評価に対する調査・研究 22.前各号に附帯又は関連する一切の事業

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。