訪問看護ステーションポポハートとは

ポポハートの名前の由来は、地域の方々との温かな心の触れ合いと一歩一歩皆さまが前向きに、快適な日々を過ごして頂くようなケアを提供していきたいという思いが込められています。

0歳児から100歳の超高齢者まで全ての年齢層の患者さまが対象です。

訪問看護は、病院の看護とは異なり、マンツーマンで細かい療養の相談ができます。

日常の暮らしのなかで、どのようにすれば病や障害、老いと共に安心して暮らすことができるのかを共に考えていきます。その人それぞれの生きてきた歴史や考え方、習慣、家族関係や経済状況、様々なことがあり、ひとつとして同じケアはないと考えます。訪問看護師は、個別の療養方法について、一緒に考えていくパートナーです。

実際に、家族が病気になって直面する心配や困りごとは、どこで、誰に相談すればよいか、分かりにくいと思います。介護保険や医療保険、障害福祉などの制度は複雑で、詳しい説明を分かりやすい言葉で受けた上で理解をしながら活用する必要があります。また、核家族化が増え、高齢者の老いや看取りの経験が少なくなった現代では、必要な知識を得る機会がほぼないと思われます。在宅療養をすすめる国の考えに、国民がまだついていってない印象を受けます。具合が悪くなったら病院に行くあるいは救急車を呼ぶ、そうすれば病院が何とかしてくれると考えます。しかし、その後、長く入院はできませんし、救急外来では1日分の処方がなされ、かかりつけ医に受診するよう促され、家に帰ることになります。時代の流れは、在宅療養にシフトしています。そんなとき、在宅療養の経験が豊富な訪問看護師に相談ができます。わかりやすく説明を受けることで、保険制度や家での療養の仕方、疾病予防について理解していくことができます。わたしたちは、聞き慣れない専門用語は極力使わずに、わかりやすく説明をすることができます。訪問看護について、まだまだ知られていない世の中ですが、一度、活用していただいた患者様やご家族からは「来てくれるのが楽しみ」「こんなこともしてくれるんだとわかった」「来てもらってよかった」と言っていただいてます。どうぞお気軽にお問合せいただき、訪問看護をご活用ください。

投稿者: 株式会社瑠璃の邑

株式会社設立年月日:2021年6月18日 訪問看護ステーションポポハート開業日:2021年9月1日 あらゆる年代の個人、家族、集団、地域社会を対象とし、健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和を行い、生涯をとおして最期まで、その人らしく生を全うできるように援助を行うことを目的に事業を展開します。 <設立目的> 1.介護保険法に基づく居宅介護サービス事業 2.介護保険法に基づく介護予防サービス事業 3.介護予防サービス事業 4.介護保険法に基づく地域密着型サービス事業 5.介護保険法に基づく地域密着型予防サービス事業 6.介護保険法に基づく居宅介護支援事業 7.障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業 8.障害者総合支援法に基づく地域生活支援事業 9.障害者総合支援法に基づく一般相談事業及び特定相談事業 10.児童福祉法に基づく障害児通所事業 11.児童福祉法に基づく障害児相談支援事業 12.看護・介護用具の開発・販売・賃貸 13.医療機器の開発・販売・賃貸 14.在宅ケアに関する指導、調査、研究、教育、コンサルタント 15.在宅ケア事業の起業・運営に関する支援、啓発、啓蒙活動 16.企業・行政健診後の慢性疾患に対するヘルスケア事業 17.セミナー、講演会、イベント等のコンテンツ開発、企画、運営、開催 18.看護人材交流ネットの企画、運営、開催 19.各種映像、デジタルコンテンツ等の企画、制作、配信 20.出版物、印刷物の企画、制作 21.福祉サービス第三者評価に対する調査・研究 22.前各号に附帯又は関連する一切の事業

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。